ラザルス・チャクウェラ大統領が、マラウイが遂にオクスフォード・アストラゼネカのワクチンを確保したと伝え、政府は「可能な限り多くの国民」にコロナウイルスに対しての免疫をつけるために提供すると発表した。

初回のワクチン輸送は、3月の接種開始の分として2月の終わりに到着し、人口の20%から開始して、医療現場の労働者、高齢者、持病を持つ人を優先に接種することになると伝えた。

国内の研究所の科学者は、アストラゼネカのワクチンの妥当性を検証し、ソーシャルメディアの嘘や、科学者コミュニティが命を守るために一所懸命に提供するワクチン接種に反するプロパガンダによって誰も惑わされないように、情報を公開するとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください