Malawi adopts 5-year universal telecom service strategy

2021年9月29日 | Ecofin Agency

フットスーツ・ウィ・アー・ソーシャルによると、マラウイでの2019年から2021年での電話普及率が低下しているという。未来の経済開発の肝であるデジタル化で、マラウイはネットワークカバー率のk評価のため計画を修正した。

マラウイでは、これから5年におよぶユニバーサル電話通信サービス計画を採用し、この計画は、コモンウェルス電話通信機関(CTO)によって、世界銀行から資金提供されているデジタル・マラウイ・プロジェクトの一環として策定されていた。

この計画の草案では、72万人以上のマラウイ国民が、ブロードバンドに接続してサービスを受けられるもので、1,300の組織がWi-Fiに接続され、470の組織が電気に接続し、94%以上の国民がテレビ放送に接続されることになると、マラウイ通信規制局(MACRA)のユニバーサル・サービス基金(USF)の責任者が伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください