【マラウイニュース】マラウイが4年で1,000メガワット発電へ

Malawi geared to generate 1,000 Megawatts in 4 years

2021年5月27日 | Nyasa Times

継続的な絶え間ない停電と散発的な電力停止に拍車がかかっている中、マラウイ政府は野心的かつ驚きの計画で国内の発電能力増加へ調整をしており、これから4年間の間に国内発電量を驚愕の1,000メガワット追加に向けて取り組んでいると、ラザルス・チャクウェラ大統領が発表した。

大統領によると、この計画は希望ではなく、官民両方でのプロジェクトを基にしたレポートで、発電量を増加させ、短期から中期で国内に供給するパイプライン計画があると伝えている。

マラウイ電力供給公社(ESCOM)によるマラウイの国内総合発電量は、約362メガワット(MW)で、そのうち351MWは水力発電で、11MWはレシプロ式エンジン(軽油発電)である。


マラウイの電気事情についてはこちらのブログを参考にしてください
アフリカ、マラウイには電気がある? | 停電対策

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。