【マラウイニュース】マラウイが2030年までにマラリアを撲滅する計画を開始

Malawi Launches Campaign to Eradicate Malaria By 2030

2021年6月22日 | All Africa

マラウイ政府が、国内の死亡者数を牽引しているマラリアを2030年までに撲滅することを発表した。この蚊を媒介して広まる寄生病は、マラウイの入院患者の約15%を占めている。

大統領によると、マラリアは全ての外来診療の約36%となっており、国内の入院患者の15%となっているという。
これによって医療従事者に多くの業務が発生しており、公共医療施設での薬剤にプレッシャーを与え、マラリアは毎日6人の命を奪い、死因の上位になっていると伝えている。

政権はマラリアのない国にするために、いかなることにも力を入れていくと伝えた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。