Malawi seek MK27billion to feed 1.5 million people

2021年11月4日 | Nyasa Times

マラウイ災害管理局(DoDMA)が、2021/2022年の不況期での食糧が担保されない150億人へ人道的支援を効果的に提供するために、少なくともMK270億(約3,000万米ドル)が必要であることを伝えた。

DoDMAの2021/2022年不況期食糧不安対応計画(LS-FIRP)は、マラウイ脆弱表記委員会(MVAC)報告の公開内容に従っており、その報告では、マラウイ国内の全28県と4つの都市にいる150万人がこの不況期の間に食糧不安になると予測している。

DoDMA災害管理委員は、MK260億は、特に重要なこととして、35,000トンのメイズ運搬、資金送金、運送に使用されることになる伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください