【マラウイニュース】マラウイが貧困、飢餓、失業など多くの指標で悪化していると調査結果

Survey says Malawi slipping on poverty, hunger, unemployment, other indicators

2021年8月8日 | Nyasa Times

最新の現実的な持続可能な開発目標(SDG)スコアカードによると、マラウイは貧困、飢餓、失業、その他の複数の指標の削減において悪化していることがわかった。

31か国に対しての実現可能なSDGスコアカードは、2021年5月から8月の間に公開されており、アフリカの全ての地域での円形指標の国家パートナーが、対応国の選択した言語での対面インタビューを行う。マラウイでの最新の調査では、マラウイ大学の社会研究センターが、ランダムにクラス分けをした1200人の成人マラウイ人の確率サンプルをマラウイを代表してインタビューを行った。

医療ケアへのアクセスとインフラの2つの分野でのも進歩が確認され、経済管理における男女平等、気候変動対処ではマイナスの傾向があり、テクノロジー利用での男女平等、綺麗な水へのアクセス、衛生、国家機関への信頼においては複雑な結果が出ている。
教育と電気へのアクセス、倫理的不平等と汚職の削減には進捗がみられていないとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。