【マラウイニュース】マラウイが観光ランキングで上昇

Malawi improves on tourism ranking—report

2022年5月27日 | THE NATION

マラウイは、世界経済フォーラム(WEF)の世界旅行・観光開発指数において、2019年の125位から2021年には117経済圏中109位へと順位を上げ、順位の向上を記録した。

2年に1度の2022年5月のWEF旅行・観光開発指数によると、調査結果は、世界中で同じペースではないものの、Covid-19の大流行で最悪の被害を受けたセクターの回復の始まりを指し示しているという。

WEFのモビリティの未来を形作る責任者は、報告書に付随する声明の中で、ウクライナ戦争などの新たな要因も、この不均等な回復の複雑さに拍車をかけていると述べている。
「しかし、この分野とその顧客は、おそらく永久に変化しています。旅行者の目も肥えてきており、特に旅行先となりうる場所の健康状態や衛生状態については、より厳しくなってきています。また、政府の政策や国境閉鎖、旅行の中断といった形で、将来のコロナの変種や課題が与える影響についても慎重になっている」と話している。

この指標は、旅行・観光を可能にする環境、旅行・観光政策と実現条件、インフラ、旅行・観光需要喚起要因、旅行・観光の持続可能性という5つの柱に着目している。

マラウイ観光局の理事長は昨日のインタビューで、過去2年間の旅行規制による損失から回復しつつあることを明らかにしている。
「過去2年間の旅行規制により、多額の損失を被った」と伝えている。

WEFによると、Covid-19のパンデミックは、世界の旅行・観光セクターが近代に直面した最悪の危機であったという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です