マラウイで計画されているンコタコタソーラー発電所は、一定地域での電力供給と、国内のエネルギー不足を大きく解消することが期待されている。

この6,700万ドルのソーラー発電所は、アフリカ貿易保険庁(ATI)の地域流動性支援施設(RLSF)によって支援され、公営電力会社の支払い遅延リスクをカバーすることを目的とされている。

この発電所は、マラウイ初の独立した商用ソーラー発電事業の一つとなる。
現在362MWacとされる国内発電に、37MWacのクリーンな電力を供給することが期待されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください