【マラウイニュース】マラウイが標準以下のプロジェクト建設を犯罪化へ

Malawi to Criminalize Construction Of Substandard Projects

2021年2月16日 | Malawi Voice

マラウイ政府は、政府建設プロジェクトの請負業者やコンサルタントが定められた基準を満たさない場合、近く起訴を開始する予定となっている。

これは、水曜日にリロングウェで行われた記者会見で運輸公共事業大臣が明らかにした。
「私たちは最近、道路建設がまだ建設段階であるにもかかわらず、規格外の方法で行われたために劣化しているのを目にしています。私たちは、すでに資金が提供されているプロジェクトに追加で資金を投入することになるため、これは政府に対する純粋な窃盗行為だと考えています。このような理由から、我々はこのような業者を起訴し、有罪となれば必要な処罰を与えることにした」と発表した。

大臣は、建設プロジェクトが設定された基準を満たしているかどうかを測定するために使用される偏向計を政府が調達すると話している。
「政府は国家建築政策を策定中であり、この政策はすべての建設プロジェクトにおいて基準として使用され、基準の向上に努めます。誰かが基準に違反していることを発見したら、法的措置を取ることになる」と付け加えている。

大臣は、コンサルタントと共謀して基準以下の工事を認定するコンサルタントがいることに懸念を表している。
「このような業者と共謀して、手抜き工事を認定しているコンサルタントがいることがわかりました。彼らは、そのプロジェクトが適合していなくても、すぐに適合していると認定して、きれいな報告書を出してくるのです。私たちが業者にお金を払うと、業者はコンサルタントにキックバックを渡すのです。」と話している。

情報デジタル化大臣は、新しい建設基準により、建設業界に健全性がもたらされると述べている。
「最近行われたプロジェクトが非常に悪い状態になっているのを見るのは悲しいことです。規格外の工事を犯罪として取り締まることは、非常に重要なことだと考えています。」と話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です