マラウイが2020年の腐敗認知指数(CPI)において、30ポイントで180か国中129位にランク付けされた。

国際透明性監視団の発行するこのランキングは、シェファード・ブシリ預言者の引き渡しの事件が、この反汚職の立場への試験となった可能性があると警告している。

監視団によると、マラウイは2021年以来7ポイント落としており、CPIを大きく減少していると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください