Malawi drags feet on some ILO protocols

2021年11月13日 | THE NATION

マラウイ紅茶協会(TAM)が、国際労働機関(ILO)条約190と勧告206に適応する紅茶業界全ての人のための適切な労働を達成するための対策の遅さについて、政府の不備を非難している。

条約190は、ジェンダーに基づく暴力とハラスメントに対処する特定の措置を提供しており、ジェンダーに基づく暴力とハラスメントは不釣り合いに女性と少女に悪影響を及ぼしていることがわかっている。

紅茶業界では性的な労働の勧誘がいまだ懸念されており、女性や少女の虐待、労働力にされていると言われる子供たちも含まれている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください