Malawi risks refunding K50bn to IMF for DPP Govt’s financial dishonesty

2021年10月6日 | Nyasa Times

マラウイ国民は、データを捏造して経済的状況について嘘をついたことで国際資金貸与機関へ巨額の金額を払い戻す危機にさらされており、今かつての政権の代償を支払う時が来ている。

失脚した民主進歩党(DPP)が国民へさらなる裏切りを与えており、今回はDPPの隠された不正と詐欺への愛情が、現在不満を持っている国際的資金貸与組織である国際通貨基金(IMF)へ、5,800万米ドル(約K500億)を返金するリスクを罪のない無防備なマラウイの納税者に負わせてる。

マラウイ中央銀行からの情報によると、これはとてもデリケートな問題であり、簡単に言えば、中央銀行が報告の中でIMFの帳簿に、特に外貨準備金について嘘をついていたということだという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください