【マラウイニュース】マラウイがファイザー医療協定の恩恵を受ける最初のアフリカの5カ国に入る

Malawi among 5 first five African countries to benefit from Pfizer Health Accord

2022年5月26日 | Nyasa Times

マラウイは、「より健康な世界のためのファイザー協定」の恩恵を受ける最初のアフリカ5カ国のひとつとなった。

この協定から恩恵を受ける他の国は、ルワンダ、セネガル、ガーナ、ウガンダである。
このエキサイティングなニュースは、スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラムで水曜日に発表された。
この協定は、ファイザー社の現在および将来の特許で保護された医薬品とワクチンを、世界中の45の低所得国に対して提供することを目的としている。

これらの医薬品やワクチンは、通常、米国やEUで販売されているものですが、12億人を対象に非営利で提供される。

水曜日の朝の発足式で、マラウイ大統領のラザルス・マッカーシー・チャクウェラ博士は、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジへの効果的なアクセスのためには、国と資金提供者の間で費用を分担する方法が必要であると述べている。
「この協定の素晴らしいところは、低所得国の人としての尊厳や代理権を侵害することなく、低所得国を支援することです。これは、ファイザーとマラウイなどの国の両方が、数百万人の命を救う物資の生産と配達におけるコストとタスクの負担を共有する真のパートナーシップだからです。これこそ、すべての地球規模の問題に取り組むべき方法です」とチャクウェラ大統領は述べている。

チャクウェラ大統領は、より健康なマラウイを実現するために、政府がすべての関係者を巻き込み、この協定の適用を意義あるものにすると述べました。
この協定は、医薬品・ワクチンメーカーのファイザーが提唱し、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が資金提供者の一人として参加している。

ファイザー社の会長兼CEOは、より健康な世界を実現する唯一の方法は、すべての人が医薬品とワクチンにアクセスできるようにすることであると述べている。
「Covid-19ワクチンの世界展開で学んだように、供給は患者を助けるための最初のステップに過ぎません。私たちは、世界の保健業界のリーダーたちと緊密に協力し、診断、教育、インフラ、保管などの改善を図っていきます。すべての障害を克服してこそ、医療の不平等を解消し、すべての患者さんに提供することができるのです」と、CEOは伝えいている。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団のビル・ゲイツは、「どんな状況でも、誰もが医薬品にアクセスできるようにすること」を表明している。
ビル&メリンダ・ゲイツ財団の共同設立者であるゲイツ氏は、「どこに住んでいようと、誰もが同じように革新的な救命医薬品やワクチンを利用できるようにすべきです」と述べている。

この協定を通じて、ファイザーは、感染症、特定の癌、希少な炎症性疾患を治療する23の医薬品とワクチンの提供を約束している。
これらの医薬品やワクチンを利用できるようにすることで、対象国で毎年100万人近い人々の命を奪っている非伝染性疾患や感染症を治療できる可能性があると考えられている。

火曜日、「健康の公平性への投資」に関するWEFのセッションで、チャクウェラ大統領は、世界には公平な医療を確保する必要があると述べ、COVID-19の大流行が、公衆衛生が経済の根幹であることを示したと主張している。
「もし国民の健康が保障されなければ、経済の根幹を脅かすことになりかねないことを、私たちは痛感しています」と述べている。

また、「東欧でコロナウイルスが発生したり、サル痘が流行したりすると、南半球の経済に壊滅的な影響を及ぼすことがあるように、すべての国の経済が密接に関係していることを私たちはわかっています」とも述べている。

チャクウェラ大統領は、世界経済を安定させるために、マラウイのような国の医療システムの格差と不平等を埋めるために多額の投資を行うべきであると提案している。

ファイザー社の「より健康な世界への投資に関する合意」は、チャクウェラ大統領の訴えに直接応えたものと言えそうである。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です