Malawi Fears Its COVID Vaccines Will Expire Due to Hesitancy

2021年9月8日 | Voice of America

マラウイ保健当局は、ワクチン忌避によって今月数万のコロナワクチンが有効期限になる可能性があることに恐れている。マラウイ人口のわずか2%の人口が接種しており、当局は国民にワクチンを届けるために移動接種クリニックを展開して接種量の増加と期待している。

マラウイはこれまで120万回接種分のジョンソン&ジョンソンと、アストラゼネカワクチンをコバックス機関から受け取ってきている。

しかし、マラウイでのワクチン忌避は、接種の効果と安全性についての誤解によって、大々的に広まっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください