【マラウイニュース】マラウイがイノベーションで高い評価を受け上位に

Malawi rated highly on innovations, moves up

2022年6月21日 | THE NATION

マラウイはイノベーションの面で優れており、世界ランキングで4つ順位を上げ、アフリカで最も革新的な経済国のトップ10に入ったことが、新しい報告書で明らかになった。

世界知的所有権機関が発表したグローバル・イノベーション・インデックス(GII)において、マラウイは132カ国中111位から107位にランクインしている。

GIIは、人的資本、技術、創造的な成果、市場とビジネスの洗練度に焦点を当て、経済の革新的な能力と成果を測定する年次刊行物である。

「トラッキング・イノベーション・スルー・Covid-19クライシス」と題されたこの報告書によると、マラウイはイノベーションのインプットとパフォーマンスの面で効率的であることが示されている。

この報告書では、マラウイはその開発レベルに対して期待以上のパフォーマンスを発揮している経済であると評価されている。

このグループには、他にルワンダ、マダガスカル、タンザニア、ケニア、南アフリカ、チュニジア、モロッコが含まれている。

報告書をでは「マラウイ、マダガスカル、エチオピア、ギニアなどのサハラ以南のアフリカ諸国は、限られたイノベーションのインプットとリソースをイノベーションのアウトプットに効率的に変換している。しかし、高所得国の中には、投資水準とイノベーション成果の水準のバランスを取るのに苦労し、全体的なイノベーションパフォーマンスとGIIランキングに不利益を与えている国もいくつかあります」としている。

このランキングについて、マラウイ大学ビジネス・応用科学部の准教授は、イノベーションに関するマラウイの方向性を称賛し、それが社会にプラスの影響を与えるだろうと述べている。

また、マラウイは技術革新を進めており、これは経済発展の重要な原動力であると述べている。
「イノベーションは、経済を工業化するために必要なものです。この場合、より多くのイノベーションが商業化され、具体的な製品として市場に出回ることで、真の産業化の原動力となることができるのです。この工業化によって、雇用を増やし、輸入への依存を減らすことができるのです」と話している。

マラウイは、制度面で105位、人的資本と研究面で122位にランクされている。

また、インフラストラクチャーでは127位、市場の洗練度では81位、ビジネスの洗練度では95位、知識と技術では84位、創造的成果では97位にランクされたという。

世界的には、スイスが1位で、アンゴラは132位にランクインしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です