【マラウイニュース】マペトが脱税調査で1,000人の従業員削減へ

Mapeto to retrench 1000 workers over tax evasion probe

2021年5月1日 | Malawi 24

マペト・デヴィッド・ホワイトヘッド・アンド・サンズが政府へ、K7億の脱税調査を受けるために約1,000人の従業員を一時解雇すると伝えた。

マラウイ商業連合議会(MCTU)の代表は、従業員がマラウイ歳入庁の調査の影響を受けており、ラザルス・チャクウェラ大統領へ介入を要求すると訴えている。

マペトのオーナーは以前に、過去5年間のわたってのK120億以上の脱税で調査されていた。
今回の調査では、246本のジャバ・ワックス布と、5,300本の混合布、タイヤ、中古布の輸入で税金の支払いがされていないとされている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。