ムジンバ遺産協会(Mziha)が、ムジンバ地区のチンディ(TA)にあるホラ山を、完備された観光誘致センターへ変える計画を明かした。

観光産業はムジンバに経済的な変化を与える可能性のある分野の一つだとしている。

ンゴニ民族の文化遺産はこれからの世代にプロモーションされていき、もっと多くの人がやって来て、ンゴニの文字や文化を理解して、ムジンバとマラウイを世界地図に書き込むことになると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください