【マラウイニュース】ブランタイヤ農業開発部で200,000の農家が干ばつ被害

Drought hits over 200,000 farmers in Blantyre ADD

2021年4月4日 | THE TIMES

ブランタイヤ農業開発部(ADD)が、約206,000の傘下農家が干ばつの影響を受けており、食糧不安の危険にさらされていると発表した。
この状況は金曜に確認され、約56,000ヘクタールの農地が影響を受けているという。

ADDのアシスタントプログラムマネージャーによると、農家らは損失を埋めるために灌漑の実施と再種植えのために282メートルトンのメイズの種が必要だと伝えている。

植えられているほとんどの種には、長期的な干ばつに耐性がなく、農家たちは蛾の幼虫への対処法に詳しくなかったと、パロンベの農家が明かしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。