【マラウイニュース】ブランタイヤ水道公社がTATA社と太陽光発電所開発に関する契約を締結

BWB signs deal with TATA to develop solar power plant

2022年6月11日 | Malawi 24

ブランタイヤ水道公社(BWB)は、ウォーカーズ・フェリー処理場からの揚水に利用される30メガワットの太陽光発電所を開発する7200万米ドル(約K720億)のプロジェクトに着手している。

金曜日にBWBは、インドのTATAコンサルティング・エンジニアーズと、ネノ県のンクラ・サイトでのプロジェクト開発のための詳細なプロジェクトレポート、フィージビリティスタディ、設計、プロジェクト管理コンサルタントサービスを作成するための7200万ドルの契約を締結している。

同局の最高経営責任者は、発電所の建設後、毎月の電気代を約K12億節約できると話している。
「我々は、ソーラー発電所が今後18ヶ月から24ヶ月の間に機能することを望んでいます」と伝えている。

専門家は、このプロジェクトがタイムリーであり、2025年までに少なくとも1000メガワットの電力を生産するというラザルス・チャクウェラ大統領の夢を補完するものだと称賛している。

チャクウェラ大統領は月曜日、デッザのゴロモティでJCMが運営する20メガワットの太陽光発電とバッテリーチャージプロジェクトを開始し、2025年までに国の送電網に1000メガワットを追加するという国の目標に完全に合致する開発だと楽観視している。

電気工学の専門家は、30メガワットあれば毎日の水の汲み上げに十分すぎるほどの電力供給が可能であるとして、BWBを国家送電網の追加として利用することもできると伝えている。

しかし専門家は、電力庁がそのような余剰電力の販売計画を持っているかどうか、すぐにはコメントできなかった。

ゴロモティのイベントで、チャクウェラ大統領は次のように述べている。
「他の既存の電力源と合わせて、この太陽光発電プロジェクトは、2025年までに国の電力網に1000メガワットを追加するという我々の目標に完全に合致しています」と話している。

ゴロモティ・プロジェクトは、52,300枚のパネルを備え、今後30年間で50ギガワットのクリーンエネルギーを供給できる、サブサハラ・アフリカで最大の再生可能・持続可能エネルギー源となるものである。

大統領はスピーチの中で、「独立系発電事業者(IPP)にとって魅力的な環境を整えることで、マラウイをエネルギー分野への民間投資先としていきます」と伝えている。

Tataコンサルティング・エンジニアーズ社 (TCE)は、以下の分野でコンセプトからコミッショニング・サービスまでを提供する総合エンジニアリング・コンサルタントである。
電力、火力、水力、原子力、再生可能エネルギー、送電・配電、インフラ、水、環境、都市開発、建物、製造施設、港湾、輸送、資源 – 炭化水素と化学、石油、ガス、製油所、化学、石油化学、肥料、特殊化学、パルプと紙、セメント、食品、医薬品と飲料、タイヤ、ガラス、資源・鉱業と冶金、鉱業、地質、選鉱、鋼鉄、非鉄金属、鉄鉱石、そして、環境、エネルギー、そして、非金属の分野でサービスを提供している。

1962年に設立された同社は、55カ国以上で約10,000を超えるプロジェクトを完成させており、TCEは1962年に設立され、55カ国以上で10,000件以上のプロジェクトを完成させてきている。

TCEは、世界中の複雑なプロジェクトを管理する能力を持つ、多分野にまたがるエンジニアリングの力を持っている。TCEは、Industrial Internet of Things (IIoT)のためのエンジニアリングソリューションを提供し、インダストリー4.0時代に対応した数少ない企業の一つである。

専門知識と技術力を持つTCEは、中核となるエンジニアリングスキルを持つ専門的な人材プールを持っており、顧客に対する統合サービスモデルとして機能している。

複雑なプロジェクトを管理する能力と、費用対効果が高く環境に優しいソリューション構築の経験により、当社は世界中で最も望ましいエンジニアリングソリューションパートナーの一つとなっている。
TCEのデジタルエンジニアリングと3D-5Dデリバリーモデルにより、お客様のニーズに合わせたニッチなサービスを提供することができる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。