BWB pumping 20% from Mulanje project

2021年11月19日 | THE NATION

水問題の解決策と謳われていた、数十億クワチャのムランジェのリクンブラ水供給プロジェクトの期待されていた能力のたった20%しかブランタイヤ水道公社(BWB)は水が供給できていないことがわかった。

BWBの広報によると、当初期待されていた1日2,000万リットルの水道供給ができていないのは、気候変動の影響であり、プロジェクトの主要採水地であるジウェ・ラ・ンカランバの水位が劇的に落ちたことが原因だとしている。

このプロジェクトは市民団体から反対をされており、森林破壊のされる3,500ヘクタールの土地に政府が植樹をすべきだと要求していた。
このプロジェクトはインド・エクシム銀行からの2,350万米ドルの融資で資金調達されていた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください