【マラウイニュース】ブランタイヤ市などが公害で訴えられる

Blantyre City, others sued for pollution

2021年8月16日 | THE NATION

ブランタイヤ市の住民らが、ブランタイヤ市とマラウイ環境保護局(Mepa)と18の企業をムディ川の公害について裁判を起こした。

訴状によると、訴えられた企業は、オプティチェム・リミテッド、キャピタル精油工業、マラウイ蒸留、チブク・プロダクツ・リミテッド、キャンドレックス・リミテッド、カステル・マラウイ・リミテッド、キャミー・ソープ・アンド・オイル製造、シク・トランスポートである。

他には、サンクレスト・クリーマリーズ・リミテッド、アンカー・インダストリーズ、サフィントラ

他には、サンクレスト・クリーマリーズ・リミテッド、アンカー・インダストリーズ、サフィントラ・マラウイ・リミテッド、ラファージ・セメント、ファーマノヴァ・カンパニー・リミテッド、ペトローダ・マラウイ・リミテッド、東中央アフリカ・レールウェイズ(Cear)、ナショナル・バス・カンパニー、マニカ・マラウイ・リミテッド、ニットウェア・リミテッドである。

訴状では、住人やムディ川流域沿いの地主や利用者、カンパラ、マニョウェ、マリロ、ムワンダンベ、マニェンジェ、チルンディカの居住者、ブランタイヤ地区のクンタジャとソンバ地区の周辺の村の居住者として、代表者と199人が訴追の手続きを行っている。

住民らはマカタ工業地区の18企業は、川沿いに住む人々の安全と健康の配慮する義務を果たさずに、製造過程で出る有毒の化学物質を川に放出しているとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です