ブランタイヤ市議会(BCC)が、ケニア企業であるウェブ・トライブと近代的なバスターミナルを建設するために官民パートナーシップを最近締結し、2021年4月にプロジェクトが開始される計画になっていると発表した。

プロジェクト費用は約200万米ドル相当となる。
新しいターミナルの設置により、市は衛生面を向上させ、市内の駐車料金の回収用の拠点として交通管理者がターミナルを利用する、自動収入管理システム構築しようとしてる。

改修されるターミナルは、ミバワ、リンビ、ブランタイヤマーケット向かいのチロベ、ブランタイヤ・バススタンドが含まれている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください