【マラウイニュース】ブランタイヤでHIVの感染拡大を食い止める

Slashing HIV spread in Blantyre

2022年6月22日 | THE NATION

ブランタイヤ市の人口数は、1950年の14,000人から2018年には995,000人に急増した。

1876年に設立されたマラウイ随一の商業都市における急激な人口増加は、農村部の貧困から逃れた人々の流出によって悪化している。

都市化は、スコットランド教会の宣教師によって設立されたコスモポリタンな都市に数々の挑戦を告げている。

スコットランド教会の宣教師によって設立された国際都市は、都市化によって多くの課題を抱えるようになっている。

国家エイズ委員会(NAC)の報告によると、この都市では100人に15人がエイズの原因となるウイルスであるHIVと共存しているという。

これは、9%と推定される国内のHIV感染率の2倍近くであり、国内では約100万人がウイルスと共存していることになる。

しかし、新規感染の約3分の1は、14歳から24歳までの思春期の少女や若い女性の間で起こっている。

ブランタイヤの保健・社会サービス局長は、「憂慮すべき状況」は都市化に伴う貧困の影響によるものであると述べている。

この医師は、ブランタイヤが商業都市であり、文化的価値が混在する地区に囲まれていることが、HIV感染の急増にさらに拍車をかけていると述べている。
「対策が必要です。ここは商業の中心地です。人が出入りすることで商業活動が盛んになり、性行為が増加するのです。また、この街はチョロ、ムランジェ、チラズルといった、セックスを促進する文化的価値が混在する地区に囲まれています。」と話している。

現在、ブランタイヤ県保健所は、保健省およびポピュレーション・サービス・インターナショナル(PSI)と連携して、ブランタイヤ・コンダ・モヨというブランドのHIV予防戦略を立ち上げている。

メリンダ・ゲイツ財団から資金提供を受けたこの戦略は、新規感染を減らすために意識を高め、予防策を推進する市の取り組みの指針となるものである。

中でもDHOは、曝露後予防薬(PEP)、曝露前予防薬(PreP)、コンドームの使用、男性の任意割礼など、一連のHIV予防策を普及させることを約束している。

HIV感染を99%防ぐために服用する抗レトロウイルス薬であるPrePは、予防のための工夫が限られている女性や少女にとって便利な追加手段であると評価されている。

同様に、PEPはHIVに感染した後に感染のリスクを減らすために服用する薬ですが、コンドームの使用など男性優位の選択肢に対して発言権がない文化的環境において、女性に安全を確保する力を与えている。

世界保健機関(WHO)が承認した科学によると、PEPは曝露後72時間以内に28日間服用すれば、感染を少なくとも80%減少させることが分かっている。
「市の保健所として、予防は治療に勝るという考えから、予防に重点を置いていきます。これらの方法を推進することで、HIVやエイズから身を守るための決断をする際に、住民に多くの選択肢を与えることができます」と局長は述べている。

保健省の予防保健サービス担当副局長代理は、ブランタイヤ・コンダ・モヨ戦略を画期的なものと評価しつつ、HIV感染を減らすためにさらなる努力をするよう呼びかけている。

彼は、住民と訪問者の両方が、自分自身を守るためにサービスを利用することを奨励している。
「この戦略は、認知度を高め、サービスを利用しやすくするために役立ちます」と、副局長代理は話している。

PSI 副国内代表は、国際的な非政府組織は地区保健所や他のパートナーと協力し、需要を喚起しサービス提供を改善するためのコミュニケーションキャンペーンを実施する予定であると述べている。

ブランタイヤ市の副市長は、議員として命を守るためのキャンペーンに参加する義務があると感じていると伝えている。
「私は、市内の23の区議会議員全員にメッセージを伝え、彼らが保健委員会と協力してパンデミックに対処できるようにする義務があると感じており、意識の面で取り残される人が出ないようにします」と述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です