Scabies outbreak in Blantyre, authorities tell schools, churches, mosques to be on high alert

2021年10月26日 | Nyasa Times

ブランタイヤ県保健局が、県下のいくつかの医療施設で疥癬(かいせん)の増加が記録されていることを明かした。

、6月から9月の間に、当局は合計255件を記録しており、南ルンズ(69)、チチリ刑務所(9)、カディディ(17)、マカタ(20)、ジングワングワ(9)、ライトハウス(8)、ジウェ(5)、ンペンバ(17)、ゲートウェイ(61)、チメンベ(2)、移動クリニック(38)で確認されているという。

医療社会サービス部長によってサインされた声明によると、疥癬は伝染性の高い皮膚病で、皮膚にいて移動する寄生虫によって起こされるもので、小さな水疱や丘疹を発生させ、個人の衛生状況が悪いことが原因となるという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください