【マラウイニュース】ブランタイヤでのポリオ予防接種は24万人以上の子どもたちを対象

Blantyre polio immunisation targets over 240 000 children

2022年3月18日 | THE NATION

ブランタイヤ県保健社会サービス局長によると、2022年3月21日に実施される経口ポリオ予防接種は、県内の5歳未満児全員を対象とすると伝えている。

彼は、県保健所(DHO)が、子どもたちのポリオに対する免疫力を高めるために、3月21日から24日、4月18日から21日、5月、6月の4段階に分けて予防接種を実施すると伝えている。

2022年2月17日、保健省は国内でポリオが発生していることを報告している。
そのため、今回の集団予防接種キャンペーンは、ウイルスの蔓延を食い止めるための予防措置を強化することを目的としている。

局長は17日の記者会見で、DHOは5歳未満児24万463人を対象に予防接種を実施すると伝えている。
「この運動は、子供がすでにポリオワクチンを受けているかどうかに関係なく実施されます。ですから、親御さんには、キャンペーン期間中にお子さんがワクチンを受けられるようにすることを勧める必要があります」と話している。

ブランタイヤ県健康促進担当者は、この病気にかかると体に深刻な影響を与える可能性があるとして、子どもたちを病気から守る必要性を強調している。
「ポリオは危険な病気であり、中枢神経系に影響を及ぼすため、実際に足や腕、手足が動かなくなる子供もいます」と彼女は伝えている。

担当者は、保健員が地区内の全家庭にワクチンを運ぶと話している。
「ワクチンを投与した後、その家のドアに特定の番号を記入します。なぜなら、その運動が行われたことを確認する別のチームがいるからです」と彼女は伝えている。

キャンペーン期間中、5歳未満の子どもたち290万人以上を対象に、合計680万回分の二価経口ポリオワクチンが投与される予定となっている。

マラウイでは1992年に最後のポリオ患者が報告され、2005年にポリオフリーの状態を獲得していた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。