新設されたビング国際スタジアムCovid-19仮設病院で酸素供給が切れていることを、保健当局が認めた。

保健省のスポークスパーソンによると、この問題は、リロングウェのインダストリアル・ガス社での設備不良によって発生しているが、3日中にも状況は解消されると伝えている。

酸素は、空路での輸送は危険とされているため、ブランタイヤから陸路で輸送されることになっている。軍のヘリコプターを使用するように政府に進言している者もいる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください