MUBAS students develop artificial intelligence system to address environmental challenges

2021年10月1日 | Malawi 24

マラウイビジネス応用科学大学(MUBAS)の最終学年の2人の生徒が、環境問題に対処するために、プロジェクト・ディープ・クリーンというAIシステムを開発した。

開発した生徒によると、 プロジェクト・ディープ・クリーン の主な目的は、綺麗で健康な持続可能な環境を実現することだという。

プロジェクト・ディープ・クリーンは、自動ゴミ選別アプリケーションの機能を持っており、カメラを使用してリアルタイムにゴミを異なる種類に識別するという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください