MUBAS students to hold demos over poor living conditions

2021年9月28日 | Malawi 24

マラウイビジネス応用科学大学(MUBAS)の生徒の福祉のために戦う運動である、憂う学生の運動(CSM)が、大学運営者らに生徒の生活環境の改善をさせるためにデモを行うと発表した。

この発表とともに、この運動のリーダーは、この大学で特に障がいのある生徒たちが直面している多くの問題があると伝えている。

特に、大学運営者らは住居問題の対応をしておらず、キャンパス内で生活するのに導入された生徒を選ぶ新しいシステムが投入されたが、いつも特定のグループの生徒だけが選ばれており、他の必要としている生徒は置き去りにされているという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください