パレスチナ政府がマラウイのエルサレム大使館設置に抗議している。

パレスチナ大統領のマフムード・アッバースは木曜に、ラザウス・チャクウェラ大統領へ計画を取りやめるように伝える使節をマラウイへ派遣した。
係争地の国連解決への侵害としている。

ブランタイヤ国際大学の政治科学教授は、大統領が決定をする前に、国内で広く意見を伺うべきであったのではないかと言っている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください