【マラウイニュース】バイクが医院再開の助けに

Motorcycle eases reopening of clinic

2021年5月18日 | THE NATION

マンゴチ県にあるマレンボ医療センターでの保健監視補助員管理者として、サンダーソン・ムニョンガの仕事は時折不満の残るものとなる。この医院の対応地域で最も遠い場所にあるムセレマへは25kmを移動しなければならなく、移動手段は問題となっていた。

「手押し車でムセレマへ行くのは簡単じゃなかったよ」とムニョンガさんは伝えている。「さらに悪いことに、押し車では渡れない川があるんだよ」

2020年12月に事態は急変する。
ユニセフがロックフェラー財団との協力でマレンボ医療センターへバイクを寄付した。

「バイクによってムセレマ出張医院を2月に再開できたんだ。行きにくい地域にいる子どもたちに、予防接種巡回を行うのに役立っているよ」と話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。