【マラウイニュース】バイオンテックが「2022年まで」にマラリアワクチン試験導入を求める

BioNTech wants to pilot new malaria jab ‘by 2022’

2021年7月28日 | My Joy Online

ドイツ製薬メーカーであるバイオンテックが、初のマラリアワクチン開発を計画しており、来年までに重要な試験を開始しようとしている。

この画期的な出来事は、この1いないにファイザーやモデルナのコロナウイルスワクチンを開発するのに使用されたmRNA技術のお陰である。
唯一の承認ワクチンであるモスキリックスは、グラクソスミスクラインが開発に30年かかっていた。

ワクチンや薬剤以外では、マラウイ、タンザニア、ケニアなどの国々は、ドローンを使用して蚊の繁殖地を見つけ、孵化前に卵を殺している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。