【マラウイニュース】ナンバープレートの乱雑さが露呈

Number plates mess exposed

2022年5月6日 | THE NATION

自動車登録プレートの質の低さに一石を投じ、競争公正取引委員会(CFTC)は、この取引をめぐって反競争的行為に及んだとして、県の2つの団体に罰金を課した。

道路交通安全サービス局とマラウイ基準局(MBS)に対してそれぞれK50万の罰金を科したほか、委員会は汚職防止局(ACB)に対して、製品がテストに不合格だったにもかかわらずモーター・ビークル・スペアーズ・アンド・アクセサリーズ(Movesa)が未登録反射板登録プレートの供給を許可された理由を調査するよう要請している。

CFTCの理事長と技術委員長が連名で署名した2022年3月28日付けの決定書は、未登録ナンバープレートの適合性テストにおける道路交通局とMBSの反競争的行為に対して、別のサプライヤー候補であるブルドッグ・スペアから申し立てられたものである。

委員会は、2016年にMovesaと他の入札者が適合試験に不合格となったにもかかわらず、道路交通とMBSが、出荷前のサンプルが不合格となった委託品をMovesaに輸入させたことを指摘している。

委員会はさらに、道路交通がMovesaに権利放棄を認めさせ、サンプルが規定マラウイ規格639:1に適合していないナンバープレートを輸入するよう影響を与えることで、反競争的行為に及んだと判断している。
「この点に関するDRTSSとMBSの行動は、Movesaにブルドッグを含む競合他社に対する不当な優位性を与え、それによって市場の競争に影響を及ぼし、したがってCFTAのセクション32(1)に違反している」と報告書は述べている。

ネーション・パブリケーション社の5ヶ月に及ぶ調査(CFTCの調査により確認)は、MBSと道路交通局がMovesaを未登録プレートの唯一のサプライヤーとするために手を抜いていたことも立証している。

MBSの前局長は、ブルドッグ・スペアーズ宛の2016年12月13日付の書簡で、試験に合格しなかったすべてのプレートを処分するよう同社に要請している。

一方、Movesaはテストに合格しなかったプレートまで供給することが許可されていた。

我々の調査によると、Movesaは1999年に道路交通局に未登録プレートを供給し始め、このことはThe Nationのインタビューで元道路交通局ディレクターが以前に確認している。

道路交通のスポークスマンは、この取り決めを確認するためにもっと時間が必要であると述べている。

The Nationは、Movesaが供給した未登録プレートのいくつかを、MS 639-2-2011から改訂されたナンバープレートの現行マラウイ規格MS 639-1:2-13に照らして分析している。

分析では、Movesaのプレートがいくつかの設定条件を満たしていないことが確認されている。

Movesaの供給継続が許可された理由について、道路交通局広報とMBSの広報担当者の両氏は、コメントを拒否している。

彼らは、この問題はCFTCの法廷での法的手続きの前であり、また、係争中にあること伝えている。

CFTCの広報担当者は、電子メールによる文書回答で、同委員会は規格を執行していないため、Movesaが規格外のプレートの輸入を許可された理由についてコメントするにふさわしい団体ではないと述べている。

Movesaのオーナーは木曜日に、国外にいるためコメントできないと伝えている。

規格書と製造工程では、セクション7.1に従って検査した場合、ブランクプレートの再帰反射材と境界には、折り目、欠け、水泡、変色、斑点がないことが望ましいと示されている。しかし、マラウイを走る数百台の車両には、変色したプレート、折り目、いくつかの欠けが見受けられる。

また、マラウイ規格4.3.22項に規定されている輝度係数のないナンバーや、7.7.1項に規定されている耐候性のないナンバーも存在している。

また、国土交通省は、ナンバープレートの一部が太陽光にさらされることによって色が失われていることを確認している。

マラウイ規格のセクションA.2.4によると、ナンバープレートのホログラムの色はシルバーでなければならないが、黄色いプレートと色のないプレートがあることが確認されている。

委員会はその決定において、道路交通局、MBS、DRTSSが2017年にマラウイにおける未登録ナンバープレートの輸入と供給において、CFTA第32条(1)に違反して競争の防止、制限、歪曲をもたらす決定と協調的慣行に加担したと非難している。

委員会はさらに、道路交通局に対し、マラウイにおける他のナンバープレートディーラーが有効な法律と規則に従って供給することを認めるよう命じている。

ブルドッグ・スペアーズは訴状の中で、2015年5月に未登録ナンバープレートの輸入業者になるためにMBSに申請し、2015年5月25日に合格試験報告書を取得したと主張している。

同社は、2016年4月14日に道路交通がMBSにコピーされた輸入ライセンスを同社に発行し、使用するシリアル番号だけでなく、再帰反射性の未登録ナンバープレートを持ち込むことを許可したと述べている。

2017年、ブルドッグ社は、道路交通局が発行した輸入ライセンスに記載されている「委託サンプルのテストに使用したパラメータは、出荷前サンプルのテストに使用したパラメータと異なっていた」とCFTCに苦情を申し立てている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です