ムリ・ブラザーズの大手企業によるナショナル・バスサービスが、最新の「マルコ・ポーロ」バスを投入して、ブランタイヤ・リロングウェ間のバスサービスを活性化させている。

このバスはブランタイヤ・スポーツクラブで、ナショナル・バスサービスがスポンサーとなっているゴルフ大会を通して公式にサービスが開始された。

ブランタイヤ・リロングウェ間の料金がMK15,000で、ブランタイヤからは午前7と午前11時にチチリに新しくオープンしたゴールデン・ピーコックホテルを出発し、ジネリー・コーナーのシティ・モーターズ近くのオールド・ベストベル敷地内で停車する。

リロングウェ・ブランタイヤ間ではビング・インターナショナル・コンベンションセンター(BICC)とシティ・モールから出発する。

12月1日からサービスが開始される。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください