Germany donates K90m worth of Global Navigation Satellite System to Malawi

2021年12月2日 | Nyasa Times

ドイツ政府が、K9,000万相当となる全球測位衛星システム(GNSS)での調査機器を国土住宅都市開発省へ寄付を行った。
寄付されたセットは、GNSSベース、ローバー、5つのUHFアンテナと伸縮ポールとなる。

ドイツ公館次席は、マラウイは隣国との国境規定で業績を残してきており、マラウイへの移動と商品移送を円滑にするために、国境管理の近代化をしていると伝えている。

国土住宅都市開発大臣は、最終的な座標は、新たなマラウイとモザンビークの国境協定に沿って国境線が規定するのに役立つこととなると話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください