【マラウイニュース】チンゲニ料金所が2カ月間でK5億以上を徴収

Chingeni Toll Plaza rakes in over K500m in 2 months

2021年1月18日 | THE NATION

M1沿いのンチェウにあるチンゲニ料金所では、2021年11月8日に料金所の運用が始まって以来、K5億以上の道路使用料が徴収されている。
道路基金管理局の財務部長は月曜日、運輸公共事業大臣がカリニェケとチンゲニの料金所を視察し、その運営状況を評価した際に、このことを明らかにした。

カリニェケ料金所が先週金曜日から稼働を始めたばかりで、どれだけの収益が上がったか推定値を出すことはできなかった。

大臣は「2021年11月8日のチンゲニ・トールゲートの運用開始以来、この施設は5億円以上を回収したと言えるだろう。」と話している

2021年1月に亡くなった大臣に代わって12月6日に任命された大臣は、ンチェウ-ツァンガノ-ネノ-ムワンザ道路プロジェクトも視察した。

大臣は2つの料金所からの徴収金は、継続的なメンテナンスを通じて、質の高い道路網の整備を促進するとコメントしている。
「このお金はそのまま道路基金の管理口座に入り、道路のメンテナンスに使われます。このことは、政府からの資金が新しい道路インフラの建設や改良に使われることになる」と伝えている。

大臣は、料金所の資金が乱用されるのではないかという懸念を払拭し、料金所には自動システムがあり、通行するすべての車両と実際に支払うべき金額が記録されていると述べた。

ンチェウ-ツァンガノ-ネノ-ムワンザ道路について、資金の遅れ、Covid-19、悪天候などいくつかの要因で遅れていると大臣は話している。

道路公団理事長は、道路建設を遅らせた課題について大臣と同意見で、これから進展があると話している。

今月政府は新しい割引料金を公布し、1月12日から施行された。改定された料金では、ミニバスはK3,400からK2,000、31人乗りバスと重量5トンから10トンの車両はそれぞれK5,100からK4,000、K7,000を支払うことになっている。

軽自動車とピックアップカーの料金は、K1,700KからK1,000に引き下げられている。

当初、RAは通行料から年間K40億からK50億の収入を見込んでいたが、時間の経過とともにその額は増加すると予測されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。