The Shrinking of Lake Chilwa

2021年9月15日 | Nyasa Times

アフリカの南西部にある陸の孤島であるマラウイの南部では、気温が異常に高いことで有名である。ほとんどの居住者が2012年に灼熱の気温を経験しており、全国民の生活を脅かした。
これは、この年の間、チルワ湖の広大な面積がほとんど消えていたことが原因である。
当時はそのような気温だったのだ。

乾燥した気候は、最終的に湖に流れ込む川を維持する雨をほとんど降らせず、チルワ湖はすぐに枯渇し始めた。

この湖の歴史を知ることは、今の状況がどれだけ悲惨なのかを知るのに重要なことである。探検家のデヴィッド・リンヴィングストンが初めてここを発見した1859年には、60-80マイルの長さがあったと伝えている。今ではその約半分となっている。湖の水位が変化しているのが原因で、昔水位の高かった地域は、今水がかなり引いてしまっており、全体では湖の主要部分の一部として見ることがもはやできない状態である。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください