【マラウイニュース】チョロ議会がバナナ栽培の復活を狙う

Thyolo Council looks to revive banana farming

2021年7月3日 | Malawi 24

チョロ地区のコミッショナーによると、議会はバナナ農業の回復事業に真剣に取り組んでおり、チョロを国内の主要産地にすると伝えている。チョロではチサカ・ウイルスの発生する前は国内有数のバナナの産地だった。

取り組みの真剣さの証として、議会は、病気に感染した古いバナナを引き抜いて新しい種類のバナナに植え替えることに抵抗する者は、どのような者であっても議会の敵とみなして法の執行を行うと伝えている。

チョロ県は2000年初めに「チサカ」としてよく知られているバナナウイルスが発生し、バナナ栽培に頼っている世帯の経済状況が悪化していた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。