【マラウイニュース】チャクウェラ大統領は1期限りの執政に合意 – チリマ副大統領

Chakwera agreed to rule for one term – Chilima

2022年7月1日 | Malawi 24

サウロス・チリマ副大統領は、マラウイのラザルス・チャクウェラ大統領が1期限りの統治に合意し、チリマ氏が2025年の与党トンセ同盟の大統領候補となることに同意したと述べた。

チリマ氏は、リロングウェのUTM事務所で行われた記者会見で、このように発言している。

チャクウェラ大統領が率いるマラウイ議会党(MCP)とチリマ氏が率いるUTMは、2020年の大統領選挙を前に協力し、両者は勝利を収めている。

チリマ氏は、この同盟は、信頼、相互利益、より良いマラウイへの共通の願望を前提にしていると述べている。
彼は、同盟はいくつかの実を結んだが、いくつかの問題は解決しなければならないことに落胆していると付け加えている。

チリマ氏によると、チャクウェラ氏とチリマ氏は、大統領候補とその伴走者について認めることが合意の一つであったという。
「UTMとマラウイ議会党の全国執行委員会または大会の決定に従い、2020年6月23日の新しい大統領選挙の大統領候補は、直近の次の選挙では大統領候補にならず、2020年6月23日の新しい大統領選挙のランニングメイトに候補を譲ること」と、チリマ氏は伝えている。

また、同盟は10年間とし、変更がある場合は、選挙前と同様の手続きが必要であることに合意したと付け加えた。

チリマ氏によれば、この合意からの逸脱は政治的詐欺であり、マラウイの人々の民意に反するものである。
そして、チリマ氏は、マラウイ国民の利益のために、協定からの逸脱を解決するためにあらゆる努力がなされており、今後もなされることを保証している。
「しかし、2025年に向けて、同盟内の他の要素から分裂を主張されるのであれば、今すぐ同盟を解消するのが最善であろう。もちろん、すべての政党が今アライアンスを扇動し終了させることは、アライアンスに政府樹立を委任したマラウイ国民の民意をごまかすことにもなる。2020年6月23日の大統領選挙の民意を揺るがした唯一の声として、同盟の下にあるいくつかのパートナーを置くような行動は、ひんしゅくを買うに違いない。実際、もし我々が同盟を終了させるなら、正直なところ、我々は新しい大統領選挙を要求しなければならないだろう」とチリマ氏は話している。

UTMのリーダーであるチリマ氏は、自分の党は同盟の大きな一部であり、どんなに侮辱しても、プロパガンダしても、自分の党は一歩も動かないと宣言している。
さらに、一部の人々が、共有されるべき権力がより甘美なものになったことに気づいたからと言って、変化を起こすべきではないと主張している。
「選挙期間中、我々が死に直面した瞬間は、国営放送や他のテレビ局でゴミをまき散らすことで食卓の場所を確保したいがためにわめき散らす同盟の飢えたメンバーの発言によって消されることはない」と話している。

副大統領の発言は、チャクウェラ大統領が、実業家ズネス・サッタル氏から金を受け取ったという疑惑で汚職防止局と英国国家犯罪局の調査を受けているチリマ氏から委任された任務を停止したと発表してから数日後のことである。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です