【マラウイニュース】チャクウェラ大統領の通貨引き下げ第二波

CHAKWERA’s SECOND WAVE OF DEVALUATION

2022年11月7日 | Malawi Voice

ラザルス・チャクウェラ大統領率いる政府は、為替が枯渇しているため、あらゆる機会を使ってそれを達成しようとしており、その影響など気にもしていない。

彼らは再びクワチャの切り下げを決定しましたが、露骨にそれを行うとどうなるか分かっているので、マラウイが一般的に文盲の国であることを利用して、巧妙にやろうとしている。

  1. 政策金利を引き上げたのです。言い換えれば、融資の価格・貸出金利を引き上げたのです。
  2. この政策金利は、商業銀行の金利を上げることになり、また上げてきました。
  3. これは、マラウイの人々の生活費を引き上げ、基本的な必需品を買うために、より多くのクワチャを我慢しなければならないことを意味します。
  4. 政策金利の変更は、金利と為替レートの両方を引き上げることになります。つまり、1米ドルを満たすために、より多くのクワチャが必要になるのです。

上記で達成された目的は、手段が切り下げであったときに達成された目的と同じである。
つまり、政府は、より悪質でない別の方法で切り下げを行い、マラウイ国民に気づかれないようにすることを目的としているのである。

政策金利を引き上げた後、RBMはさらにそれを引き上げるという。

要約すると、政府は外国為替を利用可能にする唯一の方法は、米ドルに対してクワチャを弱くすることで、より多くの資源を購入するために来るドルを少なくすることであると決定しています。

これは、弱体化した政府が生産部門の開発を促進することに失敗した場合に起こることです。

政府は、ドルを得るために生活費を上げることで、マラウイ国民を犠牲にすることを選択したのです。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください