Chakwera tells rich nations to fulfil their promise

2021年9月23日 | Malawi 24

ラザルス・チャクウェラ大統領が裕福な国々へ、気候変動緩和に対する1,000億米ドルを約束を守り、Covid-19感染拡大から貧しい国々が回復できるように負債を免除することを求めた。

マラウイ大統領は、国連総会(UNGA)でオンライン参加し自身の声明の中でこの発言を行った。

大統領は、世界コミュニティのリーダーである裕福な国々は言い訳をせずに約束を守る時だと伝え、先進国に、途上国の持つ負債を免除することによって、Covid-19感染拡大の影響から貧しい国々を回復させる支援をすることを求めた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください