【マラウイニュース】チャクウェラ大統領が娘を大使に任命

Chakwera appoints daughter envoy

2021年7月10日 | THE NATION

トンセ連合政権が、ラザルス・チャクウェラ大統領が自身の娘をベルギーのブリュッセルで外交官として任命をしたことで、再度縁故主義の非難の的となっている。

大統領夫妻の次女である娘は、配置決定にあたっての準備の訓練が行われている数名の候補者の中の一人で、この決定は、副大統領のサウロス・チリマ氏の義理の母がザンビアのマラウイ大使に任命されてすぐに行われている。

副大統領のスポークスパーソンは、本件についてのコメントを拒否しており、内閣へこの質問を行っている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。