【マラウイニュース】チャクウェラ大統領が全国林業シーズンの開幕を宣言

Chakwera Inaugurates National Forestry Season

2022年2月26日 | Nyasa Times

ラザルス・チャクウェラ大統領は金曜日、2021/2022年の全国林業シーズンの開幕式を主宰し、同時にドーワ県のンポネラでマラウイ緑化隊プロジェクトと国家森林カレンダーを開始した。

毎年12月に行われる植林シーズンは、当初は雨のために開始が遅れ、今月に活動が開始されている。

マラウイでは今シーズン、4000万本の植樹が予定されている。

マラウイ緑化隊プロジェクトは、国中で劣化した森林の景観を回復するために、2000人以上の若者に技術と能力を与えるように設計されている。

チャクウェラ大統領は挨拶の中で、国内の森林減少を緩和するために、林業資源の管理と保護に協調して取り組むよう訴えている。

大統領は、すべてのマラウイ人が森林景観の回復活動に参加するよう呼びかけている。
「私たちの生活の生存と持続可能性が危機に瀕している今、誰も傍観者であるわけにはいきません。ここ数年、4つの熱帯性暴風雨に見舞われたマラウイは、すでにその被害から立ち直りつつあるのです。森林再生は、このような気候変動の影響に対する国防の一部でなければなりません。私たちが住む場所から遠く離れた森林に何が起きても、私たちには影響がないと考えていたのなら、それは間違っていることです。森林に起こることは、私たちが食べるものやその値段、雨の量や時間、さらには私たちが使う道の状態や呼吸する空気の質にまで影響するのです」と大統領は強調している。

チャクウェラ大統領は、マラウイ緑化隊プロジェクトが、国の持続可能な緑化復興のための基礎作りを目的としていることを説明している。
「このプロジェクトはまた、気候変動やCovid-19の大流行によって最も影響を受けている脆弱な人々の収入減の問題に取り組み、雇用を創出するものです」と述べている。

一方、大統領によると、全国林業カレンダーは重要で、年間を通じてこれらの活動に従事することを保証するものだからだとしている。
「『木を植える時期 』だけではありません。私の政権の3つの優先事項の1つである雇用創出のために、できるだけ多くの政府プロジェクトがペダルを踏み続けることが私の目標だからです」と大統領は伝えている。

林業・天然資源大臣は、マラウイを緑豊かな国にするため、同省は選挙区での植樹活動を導入していると伝えている。

また、同省は植樹を支持するだけでなく、失われた森林を効果的に回復させるために、植樹した木を適切に管理するよう人々に呼びかけていく、と述べている。

大臣によると、前回の植林シーズンでは、5000万本以上の木が植えられ、そのうちの65%が生存しているという。
「我が省は、植樹だけでなく、樹木の手入れが行き届くよう、必要な支援を続けていくつもりです」と話している。

国連常駐調整官は、森林は、人間の生存に不可欠な水やエネルギーなどを供給するため、依然として重要な要素であると述べている。

ドーワ中央議会の議員は、大統領が今年の植樹活動を自分の選挙区で開始することを選択したことを歓迎している。

この議員はまた、この地域に影響を及ぼしている水の問題に介入するよう政府に依頼している。
「この地域の人々は、水へのアクセスに問題を抱えています。水は本当に大きな問題です」と強調している。

伝統的自治体(T/A)のンポネラでは、森林破壊によって生じる問題に対処するために、木は重要な資源であると伝えている。

2021/22年国家林業シーズンのテーマは「健康な木、森、経済、人々」となっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。