【マラウイニュース】チャクウェラ大統領がマラウイ航空の危機対処に意欲を見せ、マラウイ航空代表と会議

Chakwera keen to address Malawi Airlines crisis, sets meeting with Patridge

2021年4月13日 | Nyasa Times

ラザルス・チャクウェラ大統領は、正式な解決となる清算処理へ向かう可能性のあるマラウイ航空の財務状況を確認することに意欲を持っており、この危機に対処するために、国内の代表キャリアであるマラウイ航空の代表との会議を予定していると、政府広報ディレクターが伝えた。

公開されたレポートによると、2株主のマラウイ政府(51%)とエチオピアン(ET, アディスアベバ)(49%)が新規に資本注入しなければ、マラウイ航空は清算される可能性がある。

当該航空は、合計MWK138億3000万(USD1,754万)の負債に対して、MWK140億9000万(USD1,786万)の累積赤字があるとされている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です