【マラウイニュース】ソングウェ国境でのCOVID-19検疫を強化

COVID-19 screening intensifies at Songwe Border

2021年5月1日 | Nyasa Times

カロンガ地区病院(KDH)が、国内へのCOVID-19陽性者の流入を制限するために体制を強化した。
湖畔の地区の北部となるソングウェ入国管理局の保健職員の施設が、コロナウイルス検疫専用となる。

KDHの保健チームは、国境到着前の72時間以内に取得した陰性証明を要求している。

検温が行われ、保健職員と入国者の間でそれまでの滞在歴について質問が実施される。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。