【マラウイニュース】ソングウェにバス発着場を求めるコミュニティ

Communities demand bus depot at Songwe

2022年6月29日 | THE NATION

カロンガ県のソングウェ国境管理所周辺のタクシー業者とコミュニティリーダーは、ビジネス環境を整えるためにバス発着場を建設するよう当局に要請している。

ムワカボコ地域開発委員会の委員長は、月曜日のインタビューで、国境警備隊は、国内で最も活発な場所の一つであると話している。
「この場所は、バス、ミニバス、小型車などが集まる国境を越えたビジネスのために混雑しています。そのため、日ごとにスペースが狭くなっている。その上、混雑のために衛生面も危うくなっている。」と伝えている。

タクシー業者によると、タクシーやバスターミナルとして使われているスペースは、ンガナへの道路で、車を駐車するのには適していないという。
「タクシーやバスのためのスペースは狭く、道路利用者やお店のお客さんに迷惑をかけています」と話している。

カロンガ県公共事業局長は、国境管理のバスターミナルの現状を認めたが、議会にはバスターミナルをバスデポに改良するための資金がないと述ベている。
「議会として、バスターミナルの現状は承知している。しかし、今、私たちは財政的な制約に直面しています。我々は、新しい地区開発計画にその提案を含めるために、村のアクションプランにそれを含めることを地域のリーダーに強くお勧めします。」と伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です