Ceres recalled from Malawi over high levels of toxins

2021年10月15日 | Malawi 24

セレス製造業者が、高レベルの毒物が含まれているとして、マラウイを含む複数の国でリンゴジュースをリコールした。

パイオニア・フーズは、「セレス」ブランドで、コンゴ共和国、ケニア、モーリシャス、セイシェル、マラウイ、ザンビア、ジンバブエを含むCOMESA自由貿易エリアの国々で販売されている特定の100%リンゴジュース製品のリコールを行った。

リンゴジュースを製造するためにパイオニアに供給された限られた量のリンゴジュース濃縮物が、高レベルのパツリンが含まれていることが確認された調査によってリコールが行われた。

マラウイでの対象のセレスジュースは、製造日14.06.2021 / 賞味期限14.06.2022の275mlガラス瓶のセレス・アップル・スパークリングと、製造日15.06.2021 / 賞味期限 15.06.2022のジュースとなっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください