【マラウイニュース】スタンダードバンクがK105億の配当を記録:新任の執行役を発表

Standard Bank registers K10.5bn dividends: Announces additional new board members

2021年6月25日 | Nyasa Times

国内の最大金融事象者の一つであるスタンダードバンクが、K105億の最終支払いとなる、2020年で国内銀行の税引き後価格で最高となる、一株あたりK44.74の支払いを発表した。

当行の2020年の年次報告発表された声明によると、スタンダードバンク執行部代表が、Covid-19の影響を認めつつ、当行は大きな結果を出し、現在のパフォーマンスを維持するためにイノベーションを起こし続けていくと伝えている。

スタンダードバンクは27の支店と650人以上の従業員がいる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。