【マラウイニュース】スイスがマラウイへK8億900万の援助を提供

Switzerland gives Malawi K809m aid

2022年4月12日 | THE NATION

マラウイは、食糧難に対処するために、スイス開発公社(SDC)を通じて提供される100万ドル(K約8億900万)を受け取る見込みとなっている。

昨日発表されたスイス大使館の声明によると、この資金は世界食糧計画(WFP)を通じて提供され、さらに熱帯性暴風雨アナの余波による栄養失調を防ぐのに役立つことが期待されているという。

SDCの南部アフリカ支部責任者は、声明で、熱帯性暴風雨の影響を受けたマラウイを支援するためにスイスが尽力すると述べていることが引用されている。
「私たちは、WFPおよびマラウイ政府と協力し、マラウイの脆弱な人々の緊急の食糧需要を満たし、苦しみを軽減し、家族、特に子どもたちが熱帯性低気圧によってもたらされた悪影響に対処できるように努めています」と、責任者は声明で述べている。

熱帯性暴風雨アナは1月の大雨の影響を受け、洪水を引き起こし、995,072人が被災、32,935世帯が家を失っている。

声明によると、資金の80%は、最も脆弱なマラウイ人の保護に充てられ、113,000人に現金給付されると推定され、残りの20%は、学校給食プログラムを通じて、持ち帰り用の食糧の支援に充てられる予定となっている。

合計3万人の子どもたちが、ビタミンとミネラルを強化した栄養価の高い5キログラムのお粥の配給を受ける予定となる。

また、WFPカントリーディレクターは、声明の中で、熱帯性暴風雨アナの影響による財産の損失を受け、危機的状況にあると伝えている。

ディレクターは声明の中で次のように述べている。
「WFPは、スイス政府からの寛大な寄付を歓迎し、被災者の飢餓と栄養不良を防ぐための我々の努力を強化するものです。」

今回の100万ドルの資金提供により、2014年以来、食糧安全保障のためにマラウイに提供されたスイスの資金は1000万ドルを超えている。

SDCは人道的支援の他に、天候に応じた保険、生計の多様化、マイクロエディット、貯蓄へのアクセスを通じて、零細農家が気候変動に適応できるようにするWFPの農村部レジリエンス・イニシアティブを支援している。

また、SDCは他のパートナーとともに、マラウイで若者のHIV新規感染者数を減らすための活動も行っている。

災害管理局(Dodma)によると、熱帯性暴風雨アナは、206人の負傷者、46人の死亡者、239,536人の避難民を発生させた。

この暴風雨は、道路、橋、電線柱などのインフラにも影響を与え、農作物なども流されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。