トランプ大統領はアフリカの政治に価値を感じておらず、それは彼の遺産となっている。
マラウイも例外ではない。

しかし、バイデン就任が劇的な変化となるのかはわからないが、過去にアフリカのために立ち上がった驚くべき歴史があることは取りあげるべきだ。

1980年代後半に上院議員として、南アフリカ共和国の白人少数派支配に立ち向かった上院議員の一人で、アパルトヘイトに反対し、その警戒と継続性をもって発言していた。

バイデンのマラウイにとって大きな意味を持つであろう鍵となる事柄は、気候変動に対する立場だ。
マラウイでは気候変動への対応は、マラウイ人の適応を助け、一方では多くの雇用も生み出すことになる。

トランプの気候変動はデマであるという否定によって、気候変動対策の予算をカットすることにさえなった。気候変動が現実であると信じているバイデンが就任することによって、希望と楽観を感じている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください