【マラウイニュース】シムワカがアフリカ陸上競技大会で決勝進出

Simwaka qualifies for African Athletics final

2022年6月10日 | THE NATION

マラウイ女子短距離走のトップ選手、アシメネ・シムワカが9日、アフリカ陸上競技選手権大会のシニア決勝に進出し、マラウイ初の選手として歴史に名を刻んだ。

モーリシャスで開催中のアフリカ大陸選手権の400メートル(m)決勝で、彼女は準決勝の第2ヒートで2位に入り、54分28秒でフィニッシュラインを通過した。
南アフリカ出身のミランダ・クッツィー選手は52分85秒でトップだった。

シムワカ選手はマラウイ国防軍(MDF)の新兵で、今日の午後、金メダルを目指して戦う以外に、2022年にバーミンガムで開催される英連邦競技大会の出場権を得るために、少なくとも50秒までタイムを縮める必要があった。
「決勝に残れたことは最高の気分です。明日は金メダルを取れるように頑張ります」と、女子サッカー日本代表のストライカーでもあるシムワカ選手は話している。

マラウイ陸上競技協会の事務局長は、昨日、シムワカ選手の功績を誇りに思うと述べている。
「私たちは、大陸選手権で金メダルを目指して戦うアスリートを得たことを嬉しく思っています。シムワカは歴史を作り、私たちは彼女を誇りに思っている。政府や企業がしっかりとサポートすれば、ケニアやエチオピアのように陸上競技が国の誇りになり得るということを示しているのです」と話している。

しかし、男子100mのナショナル・チャンピオン、シュテルン・リファは準決勝でつまずき、厳しい状況に追い込まれている。彼は10分45秒台に突入し、第3ヒートで5位となった。
南アフリカのアカニ・シンバイン選手は、10分9秒のタイムでトップとなった。
コモンウェルスゲームのエリートA標準の予選タイムは10分24秒となっている。

2019年のマラウイ・スポーツ・アワードで最優秀スポーツマンに選ばれたリファは、今週土曜日、男子200mレースに出場し、金メダルを獲得する2度目のチャンスを得ることになる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。